体外受精(IVF)の費用について

体外受精(IVF)ではどのくらいの費用がかかるのかを解説します。

体外受精・顕微授精の基礎知識

体外受精とは

体外受精の
費用の目安

このページでは、体外受精の費用と
内訳について説明します。

料金の目安と
シミュレーション例

費用の目安と
具体的な料金シミュレーション例を
お見せします。

料金の目安について

成功報酬制度とは

最近では、成功報酬制度を
取り入れている医院もあります。
どんな制度なのでしょうか?。

成功報酬制度について

実際にかかる費用は?

実際に治療を受けた人たちの
声を集めてみました。

費用に関する声を見る
スケジュール 治療法

体外受精(IVF)
の費用

ここでは、体外受精(IVF)にかかる費用について解説しています。ケース別の料金シミュレーションなども紹介しているので、体外受精を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

体外受精(IVF)の費用の目安について

1回の体外受精にかかる費用は、だいたい30~50万円程度のクリニックが多いようです。料金内容は、採卵までの金額○○万円、肺移植○○万円といったように、項目によって分けられているケースが多いです。

もちろん、1回の体外受精で成功する場合と、1回では成功せず複数回行った場合では金額が大きく異なります。また、1回の採卵で受精卵が多く出来た場合に、胚を凍らせて保存をする胚凍結費用も考えておいたほうがよいでしょう。さらに、排卵誘発や黄体ホルモン補充など、注射や飲み薬にかかる別途費用が必要になることも考えておきましょう。

なお、複数回の体外受精を受けることは経済的な負担が大きいため、2回目以降は割引を適用したり、あるいは成功報酬制度を採用しているクリニックもあります。成功報酬制度については下部でもくわしく解説しているので、ぜひご確認ください。

また、不妊治療に対しては国が助成金制度を設けているので、こちらも覚えておくとよいでしょう。なかには市区町村でも独自に助成金制度を設けているところもあるようなので、あわせて確認してみることをおすすめします。

体外受精(IVF)の費用に
保険が適用されない理由

体外受精の費用が大きくかかってしまうのは、健康保険適用外の治療項目が多いからだと言えます。

健康保険は、医師により「病気」と診断された症状に対する治療に適用されるものです。したがって、病気と診断されないものの治療に対しては、保険が適用されないのです。

そして不妊は、病気とみなされません。そのため、人工授精もそうですが、体外受精には保険が効かないのです。ただ一方で、「不妊の原因」については病気とみなされます。たとえば、検査で見つかった子宮や卵巣、精巣などの異常がこれに当たります。そのため、これらの治療にかんしては保険が適用となると考えられます。また初診~タイミング法の検査にかんしても、病気を発見するための検査なので保険の適用内です。

ここで覚えておきたいのは、「健康保険の適用範囲はクリニックによる」ということ。例えば、人工授精や体外受精は「治療」ではないので健康保険の適応にはなりません。しかし、治療であるとも治療ではないとも言えるグレーゾーンの処置が、実は少なくないのです。この場合の判断は医療機関に一任されているため、同じことをしてもクリニックによって健康保険が適用されるところ、されないところがあるというわけです。体外受精を受ける場合は、保険の適用範囲についても調べておくと、安心といえるでしょう。

体外受精(IVF)の
費用シミュレーションの一例をチェック

以下に、体外受精(IVF)の料金シミュレーションをご紹介します。受精卵を得られた場合と得られなかった場合に分けて、それぞれの内訳も掲載するのでぜひ参考にしてくださいね。

 

すべての治療ステップが成功した場合

250,000円
(採卵120,000円(麻酔代別)/体外受精基本費用30,000円/受精卵培養50,000円/胚移植50,000円)

採卵したが卵を得られなかった、あるいはすべて変性卵だった場合

30,000円(麻酔代別)

採卵で卵は得られたが、体外受精で受精卵が得られなかった場合

150,000円
(採卵120,000円(麻酔代別)/体外受精基本費用30,000円)

※上の例は、あくまでシミュレーションの一例です。クリニックや治療内容により料金は大きく異なるので、治療前にはしっかりとクリニックに確認をしましょう。

 

体外受精(IVF)の特殊な費用体系
「成功報酬制度」とは?

体外受精が万が一成功しなかった場合、成功したときよりも費用が安くなる制度。

体外受精による不妊治療では、うまく受精卵が育たないといった理由などにより、胚移植までスムーズに到達できないケースも考えられます。そのため、「1回につき○○円」と設定されていることの多い体外受精において、治療費がかさんでいってしまうという不安を抱えている人は多いのです。

そこで最近は、1回で成功しなかった場合の料金をできるだけ抑え、次の治療もすぐ考えられるようにと配慮された「成功報酬制度」を取り入れるクリニックも増えてきています。

たとえば、採卵のステップにおいて成功した場合は「80,000円」、成功しなかった場合は「50,000円」。そして成功すれば次のステップへと進んでいき、さらに受精に成功した場合は「プラス100,000円」、成功しなかった場合は「プラス20,000円」…といったように、成功した場合と成功しなかった場合で費用が異なるのです。

この料金システムであれば、成功しなかった場合の費用が抑えられるため次の治療を考えやすくなりますね。

治療を受ける人のことを考えた良心的な料金システムなので、体外受精を受けるクリニックを選ぶ際は、ぜひこのシステムを取り入れているかどうかもチェックしてみてるとよいでしょう。

実際にかかった
体外受精(IVF)の費用は…?

以下に、実際に体外受精(IVF)の不妊治療を受けた人が、どれぐらいの費用がかかったのかを体験談で紹介していきたいと思います。

 

Aさんの場合…

ロング法で50万円弱かかりました。かかった項目は、以下のような感じです。

  • 前周期に血液検査やピル内服、鼻スプレーなどで4~5万円
  • 生理開始後の周期から誘発注射をスタート。途中でエコーも何回か行って…ここまでで13万円ほど
  • 採卵で16万円
  • 受精卵2個のうち1個をこの周期に移植して、6万円
  • もう1個の受精卵の凍結費用+1年間保存費用で7万円
  • 移植後から判定までの内服薬と膣座薬、あとホルモンチェックの診察があり、2万円

…合計で50万円弱です。ただ、県の助成金で15万円、確定申告でも数万円戻ってくるので、自己負担額は30万ぐらいですね。

Bさんの場合…

ショート法で行いました。採卵19個、1度目の採卵・移植で妊娠したケースです。初診から検査、準備期間を含め、期間は半年でした。

治療は順調に進んだので、トータルで30万円くらい。地方都市なので、首都圏より安いのかもしれません。

現在、凍結胚が11個あって、来年あたり第2子をお迎えに行きたいなと思っています。

Cさんの場合…

1回目は45万円でした。診察代や投薬代、夫婦2人の血液検査代、移植代です。移植がホルモン補充だったので、自然周期の場合より6万円ほど高かったと思います。

あとは、採卵数が多かったので凍結させる容器が別途必要で、プラスされています。

 

体外受精(IVF)の費用のまとめ

さて、体外受精の費用についてくわしくみてきましたが、だいたいの相場はつかめたでしょうか?

選ぶクリニックや治療内容などによって大きく変わってきますが、ぜひ目安として参考にしてみてください。

決して安くはない費用がかかる治療ですので、パートナーや医師としっかり相談をして治療に臨みましょう。