顕微授精(ICSI)の費用について

顕微授精(ICSI)ではどのくらいの費用がかかるのかを解説します。

体外受精・顕微授精の基礎知識

顕微授精とは

顕微授精の
費用の目安

このページでは、顕微授精に関わる
費用とその内訳を紹介します。

料金の目安と
シミュレーション例

主な治療費の目安と
一般的な料金のシミュレーション例を
紹介します。

料金の目安について

成功報酬制度とは

成功報酬制度とはどんなものでしょう?
近年、取り扱い医院の増えてきた
うれしい制度について説明します。

成功報酬制度について

実際にかかる費用は?

治療の経験者の声を集めてみました。
実際にかかった費用は?

費用に関する声を見る
スケジュール 治療法

顕微授精(ICSI)
の費用

ここでは、顕微授精(ICSI)による不妊治療にかかる費用についてくわしく解説していきます!ケース別の料金シミュレーションなども紹介しているので、顕微授精を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

顕微授精(ICSI)の費用目安について

1回の顕微授精にかかる費用は、35万円~60万円程度が目安となります。大学病院など20万円台で受けられるところもあるようですが、クリニックによっては100万円以上かかる場合もあります。基本的に体外受精(IVF)より高額になると考えましょう。

料金は「採卵までの金額●●万円」「肺移植●●万円」といったように分けられているケースが多いようです。

1回で成功する場合と複数回行った場合では、もちろん大きな差が出ます。また1回の採卵で受精卵が多く出来た場合、胚を冷凍保存するための費用もかかってくるでしょう。さらに、別途で排卵誘発や黄体ホルモン補充といった注射・飲み薬代も考えておいた方が良いです。

ちなみに、不妊治療に対しては国が助成金制度を設けています。ぜひ活用しましょう!市区町村で独自に助成金制度を設けているところもあるので、併せてチェックしてみましょう。

体外受精・顕微授精(ICSI)の治療費用に保険が適応されない理由

体外受精や顕微授精が高額となるのは、健康保険の適用外の治療項目が多いためです。

健康保険は「病気」と診断されたものに対して適用されるものですが、不妊は「病気」とはみなされません。そのため、保険が適用にならないのです。ただ、「不妊の原因」については病気とみなされます(検査で見つかった子宮や卵巣、精巣の異常など)。そのため、これらの治療には保険が適用となります。また、初診~タイミング法の検査にかんしても、病気を発見するための検査なので保険が効きます。

最後に、“健康保険の適用範囲はクリニックによる”ということを覚えておきましょう。適用範囲内の治療か否かが明らかなものにかんしてはどこのクリニックでも同じですが、どちらとも判断がつかないグレーゾーンの処置が少なくないのです。この場合の判断は医療機関に一任されるため、同じ処置でもクリニックによって保険が適用されたりされなかったりします。顕微授精を受ける場合は、保険の適用範囲についても調べておくとよいでしょう。

顕微授精(ICSI)の費用の
一例をチェック!

以下に、顕微授精(ICSI)の料金シミュレーションを紹介します。受精卵を得られた場合、得られなかった場合などケース別に分けてそれぞれの内訳も掲載しています。ぜひ参考にしてくださいね。

 

すべての治療ステップが成功した場合

280,000円~330,000円
(採卵120,000円(麻酔代別)/顕微授精基本費用50,000円/顕微授精実施費用10,000円~60,000円/受精卵培養50,000円/胚移植50,000円)

採卵したが卵を得られなかった、あるいはすべて変性卵だった場合

30,000円(麻酔代別)

採卵で卵は得られたが、顕微授精が実施できなかった場合

170,000円
(採卵120,000円(麻酔代別)/顕微授精基本費用50,000円)

採卵で卵は得られたが、顕微授精で受精卵が得られなかった場合

180,000円~230,000円
(採卵120,000円(麻酔代別)/顕微授精基本費用50,000円/顕微授精実施費用10,000円~60,000円)

※上の例は、あくまでシミュレーションの一例です。クリニックや治療内容により料金は大きく変わるので、治療前にはしっかりとクリニックに確認をしましょう!

 

体外受精・顕微授精(ICSI)の
ユニークな費用制度とは?

顕微授精が万が一成功しなかった場合、成功したときよりも費用が安くなる制度。

体外受精・顕微授精では、受精卵がうまく育たないなどの理由から胚移植までスムーズに到達できないケースも考えられます。

そこで、1回で成功できなかった場合の費用をできるだけ抑え、次の治療もすぐ考えられるようにと「成功報酬制度」を取り入れるクリニックも最近増えてきています。

たとえば、採卵のステップにおいて成功した場合は「80,000円」・しなかった場合は「50,000円」。そして成功すれば次のステップへと進んでいき…さらに受精に成功した場合は「プラス100,000円」・しなかった場合は「プラス20,000円」…といった具合に計算されます。

このシステムなら、成功しなかった場合の費用が抑えられるため次の治療を考えやすくなります。とても良心的なシステムなので、クリニックを選ぶ際はぜひこのシステムを採用しているかどうかも確認してみてるとよいでしょう。

実際に顕微授精(ICSI)に
かかった費用は…?

以下に、実際に顕微授精(ICSI)の不妊治療を受けた人が、どれぐらいの費用がかかったのかを体験談で紹介していきたいと思います!

 

Aさんの場合…

1人目の赤ちゃんは顕微授精4回、期間は3年ほど。費用は約250万円でした。2人目の赤ちゃんは顕微授精3回、期間は1年半ほど。費用は約150万円でした。

妊娠が成功するまで繰り返し治療となると、金額はかさんでいきますね…。1回が約50万円と考えると、年に2回ぐらいが限度かなあという気がします。

Bさんの場合…

途中半年の休止期間をとって、トータルで2年半かかりました。顕微授精2回で、200万円ぐらいでしたね。ただ、確定申告で40万円ほど戻ってきましたよ。

Cさんの場合…

1度の採卵・顕微、1度の移植で、現在凍結胚が4つ残っています。

費用は、50万円弱かかりました。また助成金が15万円返ってきました。

男性不妊のため早い段階でのステップアップ治療でしたので、人工授精をしておらず、その分の費用や時間がかからなかったのは良かったです。

 

顕微授精(ICSI)の費用のまとめ

さて、ここまで顕微授精の費用についてくわしくみてきました。クリニックや治療内容などにより大きく変わってきますが、ぜひ目安として参考にしてください。

決して安いとは言えない費用がかかる治療なので、医師やパートナーとしっかり相談をして治療に臨みたいものですね。