AMH検査について

AMH検査の基本的な知識について解説します。

体外受精・顕微授精の基礎知識

AMH検査とは

AMH検査とは

AMHとは、
卵胞から分泌されるホルモンのこと。
AMH検査とは、血中のAMHの値を
調べることで卵巣年齢や
卵子の在庫数の目安がわかります。

AMH検査について

AMHがそのまま
「妊娠率の高さ」を
表すのではない

AMHの値と妊娠率の
関係性について説明します。

AMH検査の値と妊娠率について

AMHの値は
改善できるのか

AMH値は
果たして改善できるのでしょうか。
また、減少させないためには?

AMH検査について

AMH検査の方法
・費用・検査の流れ

AMH検査を実際に受ける前に
知っておきたい情報を紹介します。

AMH検査前の基礎知識について
 

そもそも「AMH」とは…?

卵子のおおよその在庫数を知ることができる値のこと

「AMH」というのは「アンチミューラリアンホルモン(抗ミュラー管ホルモン)」の略で、発育過程の卵胞から分泌されるホルモンのことです。血中のAMH が、原始卵胞から発育する前胞状卵胞数を反映すると言われています。

AMH値を知ることで、自分の卵巣に今、どれぐらいの卵が残っているのかを知ることができるのです。卵巣の予備能を知ることができると言っていいでしょう。 自分の今の段階の卵巣予備能の目安となる評価指標であるため、妊症治療において近年注目されているのです。

ただ覚えておいていただきたいのは、AMHの値が示すのは、あくまで卵子の在庫の目安であるということ。卵子の質まで測れるわけではありませんので、お気を付けください。

 
 

“AMH=妊娠率”ではないので注意!

不妊治療ができる期間や、残っている卵子をどう有効活用するかの判断に役立ちます。

よく、AMH値について誤解している人がいます。「AMHが低いと、娠率も低い」と思っている人が少なくないのです。しかし、これは大きな間違い。たとえば、AMHがほぼゼロに近いような数値であったとしても、不妊治療に成功して妊娠し、出産に至っている人はたくさんいるでしょう。もちろん、AMHがゼロに近い状態で自然妊娠・出産する人だっています。

つまり、AMHの値は、妊娠率を示しているわけではないのです。

受精卵さえできれば、その女性の年齢なりの妊娠率がしっかりと出ます。AMHで問題となる(知ることができる)のは、受精に利用できる卵が残っているかどうか?どれぐらい残っているのか?ということです。

したがって、検査の結果卵の数が少ないということがわかっても、イコール妊娠率が低いというわけではありません。参考にしてほしいのは、不妊治療をできる期間がどれだけ残っているか、ということなのです。ぜひ覚えておいてください。

 
 

正常値はどれぐらい?

AMHにおいて「基準値」や「正常値」は設定できません。

AMH検査において、どれぐらいの値が正常なのか、あるいは異常なのかを気にする人も少なくないと思います。

しかし、AMH値における基準値・正常値を設定することは、実はできません。個人によって大きな差が出る値のため、基準値・正常値という設定をするべきではないのです。

ただ、AMHの数値を年代別にみていくと、年齢が上がっていくにつれてその値が減少していく傾向にあることはわかります。その統計を取ることによって、いわゆる平均値(年齢との相関関係)と言われる「統計値」は出すことはできるようです。つまり、自分と同じ年齢層の人たちの数値と比較し、自分の卵巣予備能はどうか?を判断することは可能です。

なお、高すぎる数値には注意が必要なことは、ぜひ知っておきましょう。年齢が若くてAMHの数値が高ければよいかというと、そう単純なことではありません。

AMHの数値が「4.0~5.0ng/ml以上」の場合には、「多嚢胞性卵巣症候群」の疑いが出てきます。この症候群は、排卵が阻害されることで、卵巣内に卵胞が多数溜まってしまうもの。月経異常や、不妊の原因にもなります。この場合、体外受精等で行う排卵誘発に過剰反応して、多数の卵胞が発育し、卵巣が腫れてしまう「卵巣過剰刺激症候群」を引き起こしやすくなるため、排卵誘発を行う際にも注意が必要になります。

 
 

AMH検査はいつ行うべき?

月経周期のいつでも測定は可能

他のホルモン検査だと「排卵後7日目に採血」など月経周期と関係することがありますが、AMHは月経周期に限らず測定できます。

AMH検査は他のホルモンと違い、月経周期のいつでも、血液検査で測定できます。

 
 

AMHの値は改善できる?

減少のスピードを緩やかにすることは可能

今ある卵子の数を増やすということは、残念ながらできません。つまり、AMHの数値を上げることはできないのです。

しかし、卵子の質を低下させない(老化させない)ことによって妊娠率を維持することは可能です。 以下に、卵巣・卵子の質を保つポイントをまとめてみました。

卵巣・卵子の若さを保つためのポイント

  • タバコを吸わない
  • 規則正しい生活をする
  • ストレスをできるだけ溜めない
  • 体の冷えを防ぐ
  • 過度のダイエットをしない
  • バランスの取れた食事を摂る

ちなみに順天堂大学などの研究グループによる調査では、「体脂肪率の低さやビタミンDの不足が卵子数の減少につながる」と報告されています。妊娠を考えるのであれば、適度な体脂肪を保つことも重要なのです。ビタミンD不足にならないためには、サンマやヒラメといった魚類を積極的に摂取しましょう。

 
 

AMH検査の受け方まとめ

検査方法・費用・検査の流れは?

一般的にAMH検査では、問診票やカ ンセリングで、喫煙歴・手術歴などをチェックされます。

その後採血を行って血液検査をします。検査結果は、だいたい1~2週間後に出るようです。

AMH検査にかかる費用は、保険適用外で5,000~10 000円程度が一般的です。ちなみに、不妊治療の一環でないと検査を行えないクリニックもあるので、事前にチェックしておくとよいでしょう。

 
 

自分の正しい卵巣年齢を知ろう

妊活前の人も、まずは一度AMH検査で卵巣予備能をチェック

卵巣では、新しい卵子はつくられていません。実は、自分が産まれたときにつくられていた卵子が、体内に保存されているだけ。つまり、生きた卵子は、年々その数が減っていくわけです。

妊娠を考えているのならば、ぜひ一度AMH検査をして、卵巣年齢をチェックしてみてください。「まだ妊活は早いかなぁ」と思っている若い女性でも、実際に調べてみたら「今すぐ始めなきゃ!」という状況になっていることもあります。卵子の数は、必ずしも年齢に比例するわけではないのです。

実年齢にとらわれることなく、ぜひ自分の正しい卵巣年齢を把握して不妊治療に生かしてくださいね。