不妊の原因について

不妊の原因について、女性と男性それぞれの要因を解説しています。

HOME » 不妊治療の基礎知識 » 不妊の原因とは

不妊治療の基礎知識

不妊の原因とは

不妊の原因は、女性にも男性にも可能性があります。

不妊の原因は、女性不妊と男性不妊、そして原因不明の3つに大別されます。世界保健機関WHOが実施した不妊原因の調査によると、約41%が女性のみの原因によるもの、約24%が男性のみの原因によるもの、同じく約24%が男女ともに不妊原因を有しているもの、約11%が原因不明という割合だそうです。不妊症と聞くと女性の病気のように思いがちですが、実は男性に原因がある場合も多いのです。

女性・男性それぞれの不妊を徹底解説

女性の不妊・男性の不妊を各ページでくわしく解説

このページでは、女性の不妊症・男性の不妊症それぞれの概要を簡単にまとめています。
また、それぞれの詳細については、各ページを設けてくわしく解説しているので、気になる方はぜひそちらもチェックしてみてください。

 
 

女性の不妊原因を一覧紹介

女性の不妊原因には、どんなものがあるの…?

妊娠の成立において、女性の体内では「排卵された卵子が卵管へ取り込まれる→精子と受精する→卵管を通って子宮へたどり着く→着床する」という一連の流れがありますね。その流れの中でどこかに支障があると、妊娠がしづらくなります。女性側の不妊原因を特定するには、この流れのどの段階で障害が生じているのかを調べる必要があるのです。

以下に、女性の不妊原因として考えられる主なものを一覧にしてみました。

 
  • 卵管因子子宮内膜症による癒着や性感染症による炎症等により、卵子の通り道である卵管が詰まったり卵子が卵管へ正常に取り込まれなくなったりすることかあります。そうすると、不妊の原因になります。
  • 排卵因子排卵が起こりにくい「排卵障害」の場合は、卵子が排卵されないため妊娠できません。原因として考えられるものとしては、多嚢胞性卵巣症候群、早発卵巣不全、脳下垂体ホルモン分泌の異常等があります。
  • 頸管因子膣と子宮を繋ぐ子宮頸管に異常があると、不妊の原因になります。通常、頸管粘液と呼ばれる液が精子を蓄える役割をしますが、この量が減少したり酸性度が高くなったりといった異常をきたす場合があり、これが不妊を引き起こすのです。
  • 子宮因子子宮内膜症により卵管と卵管周囲で癒着が起こると不妊につながります。子宮内膜症による腹水が受精を妨げる場合もあります。また、受精卵が着床できずに不妊になる場合がありますが、この原因としては、子宮筋腫など子宮腔に問題がある、あるいはホルモン異常で子宮内膜が充実しない、などが考えられます。
  • 免疫因子何らかの免疫異常により、精子を障害する「抗精子抗体」、とくに精子の運動を止めてしまう「精子不動化抗体」が体内で作り出されると、不妊が生じます。これが頸管粘液内にも分泌されると、運動性が良い精子の通過も妨げてしまいます。また、この抗体は卵管内にも分泌されるため、人工授精により子宮腔奥まで精子を注入しても、卵管内でその通過が妨害されることがあります。さらに受精の場面においても、卵子・精子の結合を妨害します。
  • 原因不明不妊検査を行っても不妊原因が分からないことがあり、このケースは全体の1/3程度を占めると言われています。しかし、実は本当に原因がないのではなく、検査では見つけられなかった原因があるとも考えられます。たとえば何らかの原因で卵子・精子が体内で受精をしていない。あるいは卵子もしくは精子の妊孕性(赤ちゃんをつくる力)が低下している、なくなっているなど…。原因不明不妊は年齢が上がるにつれて増加する傾向にあり、妊孕性の低下には年齢が大きく関係していると考えられます。
 

男性の不妊原因を一覧紹介

男性の不妊原因には、どんなものがあるの…?

男性の不妊症は、大きく分けると、「性機能障害」「軽度~中等度の精液性状低下」「高度の精液性状低下」「無精子症」の4つに分類されます。

以下に、それぞれについて概要をまとめてみました。

 
  • 性機能障害性機能障害は、「勃起障害」と「射精障害」の2つに大きく分類されます。勃起障害は、十分な勃起が得られない、あるいは維持できないために満足な性行為が行えない状態。射精障害は、何らかの原因により射精できない、もしくは適切なタイミングで射精できない状態です。これらの原因としては、精神的・身体的なストレスや、不規則な食事や運動不足など毎日の生活習慣、また動脈硬化や、糖尿病をはじめとした生活習慣病などが挙げられます。
  • 軽度~中等度の精液性状低下精子がつくられるまでの過程に何らかの異常があると、精子の動きが悪くなったり、数が少なくなったり、あるいは奇形率が高くなったりします。これらは造精機能障害とも呼ばれ、受精力低下につながります。
  • 高度の精液性状低下精液の中の精子数が極端に少ない、もしくは極端に運動率が低い場合には、高度の精液性状低下と診断されます。原因としては、前述した「造精機能障害」のほか以下のようなものが考えられます。
    ・停留精巣の手術後や、おたふく風邪による耳下腺炎性精巣炎など
    ・低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
  • 無精子症射出された精液内に精子がまったく確認できない症状です。閉塞性無精子症と、そうでない場合があります。
    ・閉塞性無精子症…精巣の中ではちゃんと精子がつくられているのに、精子が精液中に出てこないケース。先天性両側精管欠損症や、精巣上体炎後の炎症性閉塞、また鼠径ヘルニアの手術等が原因として考えられます。
    ・閉塞がない場合…多くは原因不明ですが、10~19%に染色体異常である「クラインフェルター症候群(47XXY)」がみられます。